紀元前からの歴史が刻まれた町『ジローナ』

f:id:Ryo5:20140729204403j:plain

バルセロナからのアクセスも良く、バルセロナで観光をした後にジローナの町を訪れてのんびりと散策する人が多いようですが
日本人にとってかなりマイナーな町になります。

と言うのもスペインの観光特集に取り上げられる事も少なく、旅行雑誌には申し訳程度というのも申し訳ないほど少ししか触れられていません。

実はジローナの町は街歩き、山歩きに疲れたら川沿いでのんびり出来ると欧米では非常に有名な観光地になっています。

f:id:Ryo5:20140729210751j:plain

ジローナの町はオニャール川、テール川、ガイイガンツ川とグエイ川の4つの川に挟まれています。

この町の歴史を遡れば紀元前1世紀の古代ローマに始まり、20世紀まで2000年以上に渡る異なる時代の建造物が点在しています。

古代ローマ人によって作られたジローナは水が豊富で、遠くまで見渡せる丘がありイタリアのローマから南スペインのカディスまでの道がここを通っていました。

f:id:Ryo5:20140729210047j:plain

昔からこの町は戦争時の拠点として機能していて町を取り囲む市壁があります。

市壁からはジローナの町の全体を見渡すことが出来ます。

この町の観光と言えば中世の街並みを残すジローナ旧市街です。

石畳の細い路地は入り組み、周りを白壁の家が立ち並びます。

f:id:Ryo5:20140729204821j:plain

そんな街中を歩いていると突然大きな建物が目の前に現れます。

ジローナのカテドナル(キリスト教の聖堂)は柱がないゴシック様式の物ではヨーロッパでもっとも広く、400年以上前に造られた建物です。

旧市街のメインストリートであるランブラス通りの周りにはバルや、レストランがかなり揃っているのでブラブラ歩いているだけでも素敵な発見があるので楽しめます。

f:id:Ryo5:20140729203009j:plain

夜には旧市街のあちこちで明かりが灯り、町をほんのり明るく包みます。
夜風に当たりながらの散歩も気持ち良いです。

f:id:Ryo5:20140729201401j:plain