おもちゃのブロックで出来たような自然溢れる夢のスパ『ログナーバードブルマウ』

オーストリアのブルマウにおもちゃのブロックを積み上げたかのような温泉施設があります。

 
まるで絵本の中から飛び出してきたかのような『ログナー・バード・ブルマウ』は人と自然と建築が見事に調和した『住める彫刻』と呼ばれています。
 
 
この建物をデザインしたのがオーストリアで有名な建築家であるフンデルトヴァッサー
 
彼がデザインする建築物は、直線的なデザインを排除した、斬新なデザインが魅力となっています。
 
f:id:Ryo5:20140722162235j:plain
 
スタジオジブリ宮崎駿監督が三鷹の森ジブリ美術館を建設の際にはフンデルトヴァッサーのデザインを参考にしたと言われています。
 
その建築家が最後に残したのがこの温泉施設です。
 
建物の屋根には緑の草木が植えられていて、元々あった平原が緩やかに隆起したかのようなデザインになっていて、歩いて登ることが出来ます。
 
f:id:Ryo5:20140722162224j:plain
 
あえて直線を作らないという彼のポリシーは自然の中の木々や岩、水の流れと見事に調和していると思います。
 
元々はこの温泉の一帯が原油の取れる地域で1970年代までその採掘施設がありました。
 
しばらく掘り進めていると温泉が湧いた為に原油の穴は塞ぎ、温泉を売りにした観光地に変わっていったそうです。
 
この施設には高濃度の炭酸泉のスパの他にもレストランや宿泊施設もあり、心も身体も十分に癒やして帰ることが出来ます。
 
f:id:Ryo5:20140722162849j:plain