美しいカリブ海を見守るように佇む城塞都市トゥルム

メキシコ南東部の観光都市カンクンから南へ130km。
 
カリブ海沿岸に高さ12mの断崖の上に立つトゥルム遺跡があります。
 
 
 
f:id:Ryo5:20140722143312j:plain
 
 
 
 
14世紀末に栄えたマヤ文明の中でも海上貿易によって繁栄した都市です。
 
14世紀末と言えば日本では鎌倉時代後期から室町時代の初期にあたります。
 
 
 
断崖に建つお城を中心に風の神殿、海の神殿、保存状態の良いフレスコ画が描かれた神殿などがあります。
 
 
 
f:id:Ryo5:20140722143324j:plain
 
 
 
 
太陽を神とする太陽崇拝を示すように主要な建物は西向きに作られています。
 
 
 
当時は城壁の周りにたくさんの木造家屋が建てられていたそうで、約10万人が生活していたと言われています。
 
 
 
今では石造りの神殿や住居跡のみが残っていますが、当時の生活を想像するには十分過ぎるほどです。
 
 
 
f:id:Ryo5:20140722143334j:plain
 
 
 
 
トゥルムとはマヤ語で城壁という意味で海に面する以外は遺跡の三方向が石壁で囲まれていることに由来します。
 
 
 
マヤ・アーチと呼ばれるマヤ遺跡特有の入口は小さく、城壁の周りには見張り台もあり、入江はいざという時逃げるために用いられたそうです。
 
 
 
f:id:Ryo5:20140722143342j:plain
 
 
 
 
とても良く考えられて作られた都市だったことが分かります。
 
 
 
青く美しいカリブ海と白壁の遺跡がとても綺麗なコントラストを描き出しています。
 
 
 
f:id:Ryo5:20140722143357j:plain
 
 
 
 
崖の上に建てられた神殿からはエメラルドグリーンのカリブ海を一望出来た事でしょう。
 
 
 
今も昔もここから同じ景色を見ていたかと思うとロマンを感じますね。
 
 
 
f:id:Ryo5:20140722143407j:plain