ホビット族に会えるかも!ニュージーランドのホビット村

ニュージーランドのオークランドから

 
約180km、約3時間の道のりを車で南下したワイカト地方にマタマタという町があります。
 
この町は競馬で使われる馬のトレーニングや酪農が中心の自然と共生している町です。
 
マタマタの町の郊外にあるアレキサンダー家の牧場はうねるような緑豊かな丘や、道路や建物、電線の一切ないニュージーランドの美しい自然が残っている土地でした。
 
f:id:Ryo5:20140722150927j:plain
 
ホビットの故郷であるシャイアを再現するのには完璧な場所だとしてピータージャクソン監督によってロケ地として選ばれました。
 
村の中には主人公フロドとビルボの袋小路屋敷やホビットの穴、パブや風車を見学することが出来ます。
 
ホビットが住む家は30戸以上製作され、その一つ一つが違うデザインになっています。
 
f:id:Ryo5:20140722150935j:plain
 
細部まで作り込まれたホビット村は、
どこからかホビット族がひょっこりと
顔を出してきそうですね。
 
f:id:Ryo5:20140722150942j:plain
 
元からあった池を囲むように水車小屋や二重アーチの橋を製作し、まるで初めからそこにあったかのように撮影のセットを製作しました。
 
f:id:Ryo5:20140722150950j:plain
 
パブの中には暖炉や大きな酒樽があり映画の雰囲気を存分に楽しめます。
 
 
f:id:Ryo5:20140722150958j:plain
 
池の近くには映画の中でパーティーツリーと呼ばれるパインツリー。
 
とても大きく長い年月をかけて成長してきたのだということがわかります。
 
ロードオブザリングの撮影後、まん丸なドアから小道具の全てまでもが撤収されただの穴が開いた丘となっていました。
 
ところが、
ホビットシリーズの再開により撮影後に永久に残せるようにと建築基準にのっとり今の姿に再現されました。